f:id:koala_log:20190515222536p:plain f:id:koala_log:20190515222540p:plain

墓(ぼ)【十二運占い】 - 自分の性格を知ろう! -(四柱推命占い師 結斗)

 

 

[最終更新日]2019年7月29日 [読了目安]こちらの記事は3分程で読めます  

 

f:id:koala_log:20190714184940p:plain

 

 

四柱推命 占い師の結斗(ゆうと)です。

 

今回は、墓(ぼ)の特徴を解説していきたいと思います。

 

墓は、十二運における11番目の十二運で、エネルギー量としては「普通」となります。

 

さっそく、どのような特徴があるのか探ってみましょう。

 

➤目次

1.墓の基本性質

2.墓の性格

3.墓の適職

 

【ご案内】

ご自身の十二運は【無料メール鑑定】でも知ることができますので、宜しければご活用ください!

 

f:id:koala_log:20190806153749p:plain

 

1.墓の基本性質

 

十二運は、人の一生になぞらえて例えており、

 

墓は、お墓に入るを表しています。

 

f:id:koala_log:20190729101700p:plain

 

 

野菜にも例えてみると、

 

土の養分となる野菜で地中に蓄積されている様子を表しています。

*「墓」に連想することが起きるといったわけではありません。

*人や野菜の一生に例えた言葉ですので、ネガティブに捉える必要はないので安心してくださいね。

 

そのため、周囲を観察するのが得意なタイプで【観察型】に分類されます。

 

人の特性や物事をジッと観察し、あらゆることを見抜きます。

 

お墓は動かずにジッとしているイメージ、

養分となる野菜は、土の中でジッと次なる栄養のために待機しているイメージ

から転じた特徴であります。

 

十二運「墓」を持つ人は、目利きの人とも言えます。

 

その観察力はズバ抜けていて、たいてい墓の十二運の人のいう観察結果は合っているケースが多いです。

それぐらい、観察力の鋭いことが最大の特徴ともいえます。

 

2.墓の性格

< キーワード >

▸目利きが上手である

▸収集家である

▸主体性が薄い傾向である


▸目利きが上手である

 

観察力が鋭いので、目利き上手でもあります。

 

人を見る目があり、

ステキなものを見る目があります。

 

それは、転じて、社会情勢を的確にとらえる能力にも応用できるので、

墓の十二運の人は、とても世の中の流れをよく見ています。

 

その観察眼があるがゆえに、社会行動から外れた行動をとらないのも、

特徴的な行動ともいえます。

 

▸収集家である

 

目利きが上手なこともあり、何かを集める収集家です。

 

蓄財心がとてもあるので、

 

たとえば女性なら、

 

化粧品、ネイル、洋服

 

たとえば男性なら、

 

ガジェット系、フィギュア、漫画、ゲーム

 

など、さまざまなものを集めて貯める収集クセがあります。

 

▸主体性が薄い傾向である

 

あまり、自己主張せずに、相手に合わせる傾向があります。

 

仕事であれば、上司の判断を必ず確認する人です。

 

自分で判断したり、決断したりするのはあまり得意なタイプではありません。

 

 

 

 

 

 

3.墓の適職

 

以上のような、性格を持っているため、仕事の適性も下記のような特長があります。

 

< おすすめの職業 >

▸財務・経理・品質管理・研究など分析系の業務

▸事業経営関係

 

▸観察能力が活かされる部門

 

たとえば、財務・経理・品質管理・研究など分析系の業務です。

 

観察能力の高さをフルで発揮できる部門の仕事が適任です。

 

「なぜこういう結果になるのか?」

「この結果の意味はなんなのか?」

 

とことん分析し尽くすことができる業務をおすすめしています。

 

研究心旺盛なこの性格を、仕事に活かさない手はありません。


▸社会情勢をとらえることが求められる仕事

 

たとえば、事業経営者としての素質もあります。

 

事業を営むうえでは、社会情勢を的確にとらえることが必須能力であります。

 

これがなければ、会社は沈没して、倒産してしまいます。

 

そこで、墓の十二運の人の能力がいかんなく発揮できるでしょう。

 

ただし、客観的な情報をとらえることは得意ですが、

決断する能力はそこまで好まないので、補ってくれるビジネスパートナーがいるとなお

良いでしょう。