f:id:koala_log:20190515222536p:plain f:id:koala_log:20190515222540p:plain

病(びょう)【十二運占い】 - 自分の性格を知ろう! -(四柱推命占い師 結斗)

 

 

[最終更新日]2019年10月18日↺ [読了目安]こちらの記事は3分程で読めます  

 

f:id:koala_log:20190714184738p:plain

 

 

四柱推命 占い師の結斗(ゆうと)です。

 

今回は、病(びょう)の特徴を解説していきたいと思います。

 

病は、十二運における9番目の十二運で、エネルギー量としては「弱」となります。

 

さっそく、どのような特徴があるのか探ってみましょう。

 

➤目次

1.病の基本性質

2.病の性格

3.病の適職

 

【ご案内】

ご自身の十二運は【無料メール鑑定】でも知ることができますので、宜しければご活用ください!

 

f:id:koala_log:20190806153749p:plain

 

1.病の基本性質

 

十二運は、人の一生になぞらえて例えており、

 

病は、病気になった様子を表しています。

 

 

f:id:koala_log:20190725132956p:plain

 

 

野菜にも例えてみると、

 

病気になって極限の状態野菜を表しています。

*「病」に連想することが起きるといったわけではありません。

*人や野菜の一生に例えた言葉ですので、ネガティブに捉える必要はないので安心してくださいね。

 

極限の状態なので、すべての感覚が研ぎ澄まされているようなイメージです。

 

そのため、感情やセンスが光る【感情型】に分類されます。

 

感受性が鋭くて、高尚な感覚の人であります。

 

人の気持ちを誰よりも考えられる才能があります。

 

そのため、「相手がこう思っているだろうな」ということを、

頭の中で想像することができます。

 

人よりもいろいろなことに感づいてしまうような一面があります。

2.病の性格

< キーワード >

▸清潔でクリーンでありたい

▸芸術的才能がある

▸マイナス思考である

 

▸清潔でクリーンでありたい

 

感受性が人よりも強い分、デリケートで神経質な性格をしています。

 

そのため、ドロドロの人間関係や派閥争いなどを繰り返していると、病気に繋がりやすくなります。

 

病の人は、できるかぎり、そういう場を離れて、

清潔でクリーンな状態でありたいと思う人です。

 

これは、金銭関係にも表れていて、貸し借りなどは必ずきっちりする傾向があります。

その分、商売ごとは大変上手な傾向があります。

 

▸芸術的才能がある


感受性が強い分、人よりも多彩な感情の表れ方をします。

そのため、独特な世界観を持つ人が病の人には多いようです。

 

その一面が、芸術ごと、芸能ごとにとてもセンスが光る場合が多いです。


▸マイナス思考である

 

感受性が強く、デリケートな分、悪い方向に考えがちなマイナス思考でもあります。

 

神経過敏な一面があるのですが、

大体は取り越しご苦労に終わるパターンが多いので、

病の人は、気楽に取り組んでいくことを心がけると良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

3.病の適職

 

以上のような、性格を持っているため、仕事の適性も下記のような特長があります。

 

< おすすめの職業 >

▸芸術、芸能、演出、企画部門

▸営業や外交部門

 

▸感性を重視する部門

 

たとえば、芸術家、芸能人、芸人、演出家、企画や開発部門のお仕事です。

 

病の人は、感性がとても強く、独特な世界観があります。

この世界観を芸事で発揮するのにはうってつけです。

 

また、芸事でなくとも、企画系や開発系のお仕事でも、

大衆の気持ちを想像するのが得意な病の人は、うまく才能を発揮することができます。

 


▸折衝事を重視する部門

 

たとえば、営業スタッフや外交業務を扱う部門のお仕事です。

 

病の人は、想像力豊かな分、相手の考えることを想像するのが得意です。

 

そのため、相手の欲しいものや考えていることを先回りして、

仕事に取り組めるので、営業や外交部門の仕事にはぴったりです。

 

優秀な営業パーソンにも、この病の性格を持つ人が多いようです。

 

病を持つ芸能人も下記にて鑑定しています。

 

www.yuto-farm.com