f:id:koala_log:20190515222536p:plain f:id:koala_log:20190515222540p:plain

絶(ぜつ)【十二運占い】 - 自分の性格を知ろう! -(四柱推命占い師 結斗)

 

 

[最終更新日]2019年7月30日 [読了目安]こちらの記事は3分程で読めます  

 

f:id:koala_log:20190714185024p:plain

 

 

四柱推命 占い師の結斗(ゆうと)です。

 

 

今回は、絶(ぜつ)の特徴を解説していきたいと思います。

 

絶は、十二運における12番目の十二運で、エネルギー量としては「最弱」となります。

 

さっそく、どのような特徴があるのか探ってみましょう。

 

➤目次

1.絶の基本性質

2.絶の性格

3.絶の適職

 

【ご案内】

ご自身の十二運は【無料メール鑑定】でも知ることができますので、宜しければご活用ください!

 

f:id:koala_log:20190806153749p:plain

 

1.絶の基本性質

 

十二運は、人の一生になぞらえて例えており、

 

絶は、絶えてなくなる様子を表しています。

 

f:id:koala_log:20190730085423p:plain

 

野菜にも例えてみると、

 

絶えた野菜の様子を表しています。

*「絶」に連想することが起きるといったわけではありません。

*人や野菜の一生に例えた言葉ですので、ネガティブに捉える必要はないので安心してくださいね。

 

そのため、第六感など感覚が研ぎ澄まされた【感覚型】に分類されます。

 

理論的にものごとを捉えるというよりは、感覚的に捉えるタイプの人であります。

 

第六感のようなものが働くことが多く、

瞬間的な判断力は抜群です。

 

「なにかマズイと感じたから…」

「なにか裏があると思って…」

 

など、理性よりも肌感覚での判断力を持っているのが最大の特徴です。

 

2.絶の性格

< キーワード >

▸束縛が嫌いで自由を好む

▸話術が巧みである

▸衝動的である


▸束縛が嫌いで自由を好む

 

自由な生活を求めるタイプです。

 

社会のしがらみ、男女関係のしがらみなど、束縛が嫌いで自由を好むのも、

絶の十二運を持つ人の特徴です。

 

自分が思うように行動できないことに、フラストレーションを抱えるので、

そうならないための準備や根回しをきちんとしておきます。

 

他人の干渉を受けない自由な人生を歩みたいと思い、

自由気ままな人生を歩もうとします。

 

 

▸話術が巧みである

 

説明や会話のスキルが抜群に上手であります。

 

よどみなく流暢に話す絶の人の会話は、とても自然で、

そして聞いていて、面白さと興味関心が湧くような話し方です。

 

感覚的なセンスを持っているからこそ、

人間コミュニケーションの場では能力をフルに発揮できるのでしょう。

 

▸衝動的である

 

衝動的な行動をとりやすいタイプの人でもあります。

 

感覚や感性を大事にするのが絶の人の特徴なので、

その感覚に従い、行動することが多いのが特徴です。

 

刹那刹那で、日々を生き抜いているという意味で、

喜怒哀楽の感情の変動も大きく動くことも、もちろんあります。

 

 

3.絶の適職

 

以上のような、性格を持っているため、仕事の適性も下記のような特長があります。

 

< おすすめの職業 >

▸芸術家、芸能、ファッション、装飾関係

▸タレント、営業関係

 

▸感性を活かせる仕事

 

たとえば、タレント、芸術家、芸能、ファッション、装飾関係です。

 

感覚が鋭い絶の人は、自己主張ができて感性を表現できる仕事にはぴったりです。

 

芸術関係から転じて、装飾関係(お花や飾り、結婚式のプランナーなども)も良好で

す。

 

また、自由を求めるタイプなので、不連続的な仕事の方が性に合います。

変化に富んだ仕事を切り盛りする能力があります。

 

▸話術の巧みさを活かせる仕事

 

たとえば、タレント、営業関係のお仕事です。

 

話術がうまい絶の人は、大衆の人気を博するタレント的な職業にもうってつけです。

 

テレビやラジオ、いまだとYouTubeなどで、話すことがうまいので、

人気が出やすい特徴もあります。

 

もちろん、営業関係で、相手とコミュニケーションをとるような業務もぴったりです。

総務など、事務スタッフ向きではありません。