f:id:koala_log:20190515222536p:plain f:id:koala_log:20190515222540p:plain

養(よう)【十二運占い】 - 自分の性格を知ろう! -(四柱推命占い師 結斗)

 

 

[最終更新日]2019年7月15日 [読了目安]こちらの記事は3分程で読めます  

 

f:id:koala_log:20190714183735p:plain

 

 

四柱推命 占い師の結斗(ゆうと)です。

 

今回は、養(よう)の特徴を解説していきたいと思います。

 

養は、十二運における2番目の十二運で、エネルギー量としては「弱」となります。

 

さっそく、どのような特徴があるのか探ってみましょう。

 

➤目次

1.養の基本性質

2.養の性格

3.養の適職

 

【ご案内】

ご自身の十二運は【無料メール鑑定】でも知ることができますので、宜しければご活用ください!

 

f:id:koala_log:20190806153749p:plain

 

1.養の基本性質

 

十二運は、人の一生になぞらえて例えており、

 

養は、母体に養われることを表しています。

 

f:id:koala_log:20190715145255p:plain

 

野菜にも例えてみると、

 

地中で育つ種を表しています。

 

胎児がお母さんのお腹の中で、すくすくと育つように、

 

野菜も地中の土壌のなかで、たくさんの養分(=愛情)を吸収して大きく育ちます。

 

そのため、愛情深い性格をしているので【愛情型】に分類されます。

 

あるときは、自分に愛情を注いでくれる人を求めますが、

あるときは、自分が愛情を捧げる人を求める性格であります。

 

とても優しい性格ともいえますね!

 

2養の性格

< キーワード >

▸プレゼントや贈り物が好き

▸慎重である

▸欠点を見抜くのが上手い


▸プレゼントや贈り物が好き

 

愛情深い性格をしていますから、その行動として、

親しい人には必ず、心をこめた贈り物を渡します。

 

愛情を渡したい、受け取ってほしい行動の一環なので、

周りの人への感謝の行動をとります。

 

養を持つ人から、プレゼントを渡されたら、

感謝を伝えてもらうと、とても相手は喜びますよ!


▸慎重である

 

お母さんのお腹や地中で守られている状態なので、

とても憶病で、慎重な性格をしています。

 

『石橋を叩いて渡る。』

 

という言葉がぴったりな人です。

 

なにごとも慎重に検討を尽くさないと行動には移しません。

成功する見込みがないと、決断しない傾向があります。

 

知らないところや人に会うのも、本来は好きではありません。

人見知りタイプとも言えますね。

 

▸欠点を見抜くのが上手い

 

相手の欠点を見抜くのが、抜群に得意であります。

 

おしゃべりしていても、相手の言動がおかしかったり、

矛盾を感じると、とすぐに指摘できる人です。

 

頭の回転も早い人が多い印象です。

 

養を持つ人と会話すると、すべて見透かされているような感覚になります。

 

 

 

 

 

 

3.養の適職

 

以上のような、性格を持っているため、仕事の適性も下記のような特長があります。

 

< おすすめの職業 >

▸経営者

▸調査・分析の部門

▸経理、総務、法務などの管理部門


▸ 慎重さと用心深さが活かせる仕事

 

たとえば、中小企業などの経営者にはうってつけです。

 

中小企業は、ひとつの決断や行動で、会社が倒産する可能性もあります。

 

そのため、ひとつひとつの決断と行動には、

責任とプレッシャーが重くのしかかります。

 

そのような時に、養の性格を持つ人であれば、

もともと慎重さと用心深さを持っているため、存分に力を発揮することができます。

 

経営は、時には大胆に攻める時期も必要ですが、

基本的には倒産しないように、用心深く安定経営をこころがける必要があります。


▸欠点や穴を見つける部門

 

たとえば、調査・分析の部門や経理、総務、法務などの管理部門はおすすめできます。

 

欠点を見つけるというと、一見マイナスイメージがありますが、

間違いを見つける必要がある職業は、実はたくさんあります。

 

代表例は、経理の仕事です。

 

経理の仕事は、会社のお金の勘定を扱う部門です。

まずは、正確に業務を行うことが大前提ですが、

人間なので間違いはなくなりません。

 

そんなときに、養の性格を持つ人が、経理のような管理部門にいると大変助かります。

数字の間違いを見つけられる才能はピカイチと言えるでしょう。

 

他にも、品質管理研究部門など、

調査や分析する部門も非常に相性のよい仕事といえます。